スポンサーリンク

油そば専門店ぶらぶらの油そばは、たしかに一度食べたら忘れられない味だった。【新宿ランチ】

油そばおいしい。おいしくない??

 

完全に油そばにはまった虎之助です。

今日は以前紹介した油組のそばにある油そば専門店ぶらぶらを紹介します!

 

新宿油そば巡りがわりと現実になりそうなのでじゃんじゃん紹介していきたいですね。

 

 

 過去記事はこちらwww.kuzukagonotora.com

 

 

 

油そば専門店ぶらぶらに入店!

 

店舗外観。昼間から何をぶらぶらさせたいのかわかりませんが変なインパクトがあるお店です。お店は地下なので階段を下りていきます。

それにしても一度食べたら忘れられないとは大きく出ましたね。ハードルバク上げです。

 f:id:Robi100:20170922163137j:image

 

 

ここで一つ注意点。

階段の途中、思いっきりトラップがあるので身長がある人は気をつけておりてくださいね。私はここに額を思いっきりぶつけてひっくり返りましたからね。

下手すると油そばどころじゃないよ。まじで。

 

店側もわかっているみたいで、保護のクッション付けてあるけど・・・・・もっと分厚いのつけませんか??? 

f:id:Robi100:20170922163140j:image

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

清潔感のある店内は誰でも気楽に入れそうです。

店内は油そば屋とは思えぬ清潔感とおしゃれ感のあるおみせなので女性も安心して入れるかと思います。テーブルも床も油でベトベト!なんてことはないです。

 

早速食券を購入。スタンダードな油そばを選びます。並も大盛も値段が変わらないのでお腹に余裕があるなら大盛以上にしない意味がないですね。というか並盛りはかなり少なめなのでよっぽど小食じゃないかぎり物足りない上に割高だとおもいますよ?

 

 

シンプルな見た目に反してガツンと強烈な油そばだった!

 

席についてしばらくはすると着丼。人気店だけあって昼時は混んでますがあまり待つこともなくスムーズにでてきます。

メンマ、チャーシュー、ナルト、ネギとスタンダードもスタンダードな具が乗ったシンプルな油そば、シンプルだからこそ黒い器とのコントラストが美しい。こるはインスタ映えですわ。 

  f:id:Robi100:20170922163145j:image

 

 

早速混ぜ混ぜすると一気に麺が茶色に。醤油と出汁の香りがぐっと強くなります。

よく混ぜたらまずは一口。

 f:id:Robi100:20170922163152j:image

ガツーンと醤油の香りと濃くが広がります。

かなり醤油感が全面に押し出された油そばですね。

一歩間違えれば強烈過ぎる醤油を出汁がしっかりコントロールしてます。麺は特筆することもないフツーに美味しい麺なのですがこれが逆にタレとの相性の良さを生み出しているのかも?

下手の個性の強い麺を使うとバラバラになってしまいそう。

油そばだけど全然あぶらっぽさが感じないも凄いね、タレのつよさが極まってる。

美味しい。

 

 

油そば必須の味変!でも入れ過ぎには注意。

 

ある程度たべたら当然味変ですわ、油そばにこれはかかせません。

お酢を回しかけたら玉ねぎいれーの、ラー油いれーの、にんにくいれーの。

 

ここで写真に注目。

ラー油とにんにくがかなり少なめなのがわかりますね?

f:id:Robi100:20170922163157j:image

にんにく大好きマンの私は普段ならドバドバにんにくを、いれるのですが、ぶらぶらではこのくらいの量がベストだと考えます。

にんにく自体が強烈に香るいいものをつかっているのはもちろんですが、これが油そばに絡むとタレとにんにく、ラー油がベストマッチしてお互いの長所をガンガンひきだしてあきます。

これは大量にいれれば美味しいってもんではないですね。家系ラーメンみたいにドバドバ入れれば入れるほど上手い!ってわけじゃありません。

バランスが滅茶苦茶大事です。

 

少量からためして最適な量を探してみてください。最高にうまいよ。

 

 

シメのスープに大満足。タレが足りなくても安心してください。ありますよ。

 

すっかり満足して食べ終わってもぶらぶらではもう一つ楽しみがのこっています。

なんとぶらぶらではつけ麺屋のように卓上にアツアツの割スープがおいてあるんですね。

最後残ったタレにこれをかけて飲むと実に美味しいです。

 

え?丼にタレ残ってないって?

たしかにぶらぶらの油そばはタレと麺の分量バランスも絶妙で殆ど残らないかもしれません。

じゃあ味気ないスープを飲むしかないのかって?

安心してください、タレはありますよ。(卓上に)

 

そう、ぶらぶらにはスープだけでなく、あらかじめ卓上に油そばのタレがおかれてるのです。食べる際に味を濃くするのに使ってもよし、食後に割スープのたらして思い思いのスープを飲むもよし。

最高にうまいシメスープをだれでもたのしめるのです!

 f:id:Robi100:20170922163205j:image

 

ここまであっさり食べ終えることのできる油そばはなかなかめづらしい!何倍でも食べたくなってしまうお味でした。

ごちそうさまでした!


店舗の場所は西新宿、郵便局のそば

油そば専門店ぶらぶらの所在地は西新宿になります。

郵便局そばの回転寿司屋の隣なのですぐに見つかるかとおもいます。

 

まさに一度食べたら忘れられない油そばでした

人気店ながら店内が広いため、それほど待たずにランチを食べることができます。

重くなりがちな油そばをここまであっさり食べられるお店は貴重では無いでしょうか。あっさりしているからと言ってパンチが無いわけでなく、ガツンと強力なタレにメロメロになること間違い無しです。

その看板に偽りなし!

お近くにお越しの際は是非食してみてください。

 

それでは!