スポンサーリンク

バイク初心者が最初に揃えた用具一覧。バイクを乗るために必要だと思ったもの。

どうも、虎之助です。

CRF250Rallyちゃんが納車されてからそろそろ2週間が立ちます。

納車の翌週から出張行きまくりで全然バイクに乗れてなくてしょんぼりしております。

 

乗ったのはまだ数回ですが走行距離もなんとか450kmを超えました。

その納車前~数回乗った中でバイク初心者でも必要だと思い、揃えた用品及びこれから揃えようとしている用品を紹介します。

 

え?これ必要?と思う用品もあるかもしれません。もし自分が大学時代にバイクを買っていたら絶対に買わないか、後回しにしていたであろうものでも30を超えてバイクを始めたからこそ、その重要製が分かった物もあります。

 

年齢にかかわらずバイクを始めようと思っている人は是非揃えてもらいたいと思います。

 

 ちょっと今回長めなので目次から気になる項目へどうぞ。

 

納車前に揃えたもの

まずは納車前日までに揃えたものです。

これが無いとマジでバイクに乗ることすらできないし、ガレージでも持っていない限り、駐車しておくのも不安になる用具達です。

 

f:id:Robi100:20170823214503j:image

 

ヘルメット

何がなんでも納車までに持っていないと話にならないのがヘルメットです。

これがないと納車されても乗れませんからね、ディーラーからバイクを持ってくることすらできません。バイクを運べる軽トラとか持ってるなら別でしょうけど。

 

購入したのはこちら。

 

ドバーン!

f:id:Robi100:20170823224209j:image

 SHOEI HORNET ADV SEEKERを購入しました!

 

色々まよったんですけどね。ラリーちゃんはやっぱりオフ車ですからヘルメットはオフロード用のやつがよく似合いますよね、やっぱり。

とは言えガチオフ勢のゴーグルオンリーのオフメットだと雨や冬過酷そうですし、普段乗りの時に色々面倒くさそうじゃないですか。

そんな中見つけたのがこのヘルメットです。

普通のヘルメットと同じくシールドタイプのデュアルパーパスヘルメットってやつです。


別角度から
f:id:Robi100:20170823224222j:image

このヒサシとシールドは取り外すことができるため、ひさしを外してオンロードっぽくもできるし、シールドを外してゴーグルをつけることもできます。中々芸達者で優秀なやつです。

カラーリングも赤と黒でラリーちゃんにピッタリでしょ!

ただ問題が一つ。1時間くらいかぶってると何故か右顎の付け根とかエラのあたりが不思議な痛み方をするのでフィッティングしてもらわなきゃいけなさそうです。

 

 

盗難対策に鍵は必須

ガレージがあるならともかく、私は基本青空駐車です。

いくら敷地内とはいえ、鍵をかけずに放置しておくのは不安すぎます。自転車ですら鍵をかけるのに、バイクでかけないわけ無いですよね?

 

 

今回家での駐車時のみに使うワイヤーロックと、外出時にも使う携帯可能なディスクロックを購入しました。

 

 

ワイヤーロックがバリチェロ。ディスクロックがKOMINEのもの(バリチェロとよく似てるしOEMかなにか?)を購入。

なぜこれにしたか?それは強度のわりに価格が滅茶苦茶安い点が気に入ったためです。

 

確かに壊しにくい頑丈な鍵の方が安心感はあるかもしれません。しかしバイクを盗むプロにかかれば市販品の鍵なんぞどれも違いは無いようです。

強力なマシンを使ってぶっ壊してしまえばいいだけですし、地球ロックをしていなければ数人がかりで持ち上げてトラックで運んでいってしまえば数秒で盗難できてしまいますからね。

 

鍵の目的はそれ自身の強度で盗難を防ぐと言うより複数の鍵をかけることで少しでも時間がかかる、面倒くさい、防犯意識が高そうと思わせることにあるんじゃないか?と思っています。

 

 むしろもう一個このロック買って3個使いにしても良いのかな?と考えてもいます。

 

バイク盗難についてはこちらのサイトが参考になります。ホームセンターに売っている工具ですらこんなもの壊せるのか!?って工具ありますからね。建築だとか色々な業界で使われてる超強力な工具(というか機材)ならいくら高い鍵でも簡単に切れることは軽く予想できますね。

元窃盗団まさ - バイク乗りという選択

 

 

 雨と日光から大事な車体を守るバイクカバー

 そして青空駐車なら当然必要になってくるのがバイクカバー。

ラリーちゃんは新しいバイクなこともあり、車種適応表に乗っているものがなかなかなくやっと見つけたと思えばとんでもなく高いカバーだったりと割りと困った状況でした。

 

そんな時見つけたのがワイヤーロックのメーカーであるバリチェロ。どうやらここ鍵よりむしろバイクカバーに力入れてるっぽいじゃないですか。お!これはいいね~と探してみるもやはり適応表にラリーちゃんの姿は無し。

 

落胆しつつもせっかくだしメールでCRF250 Rallyに合うサイズを問い合わせた所、その日のうちに解答がきちゃいました。早い対応に感動です。

 

もう即決で購入しましたわ。実際に使ってみるとサイズバッチリ! 予想以上に大きく自分でサイズ考えて買ってたら滅茶苦茶小さいの買ってたかも。

割りと感動したので後日インプレ書きたいと思います。

 

 
 

 

【スポンサーリンク】
 

 
 
 

 納車後揃えた物

ココからは納車後揃えたもの。

納車日に「あ、これ必要だわ。」と思い買ったものと2回くらい乗って買ったものですね。納車前までは別にいいかなぁ?と思ってましたが、乗ってみて絶対に必要だと思った物達です。

できることなら納車前に揃えてしまいたいものです。

 

バイクをガッチリロックするブーツ

まずはブーツ。購入したのはこちら。COMP EVO MICHELIN(RS TAICHI)

 
f:id:Robi100:20170827222833j:image

多分あってるはず・・・・

ちょっとガニ股気味になるのは仕様?

 

 

教習所時代は必要ないと思ってましたが、割りと必須。

教習所でニーグリップを習ったと思いますが、正確には膝だけでなく、くるぶしでエンジンを挟むことで自然に膝でも挟むことができます。

下半身全体がバイクをホールドすることで安定感が高まるようです。

しかし、普通のスニーカーだとくるぶしのあたりやけどするんじゃないかと思うくらい熱くなります(というかやけどする)しっかりと安定した走りをするためにブーツは必要です。

 

また、万が一事故った際、スニーカーだとくるぶしが紅葉おろしになったりスネの部分が下敷きになって大怪我になるかもしれません。頑丈なライダーブーツを履いていればその可能性は低くなります。

 

私はラリーちゃんに合わせてオフブーツ(しかもMXブーツ)を購入しましたが当然ココまでは必要無いと思います、防御力最高ですがメッチャ乗りづらいです。

購入後そのまま履いて帰ろうとしたら、シフトチェンジもブレーキもできず途方にくれました。

普通のオンロード用のブーツやライディングシューズならそんなことは無いはずなので安心してください。私もそのうち街乗り用にライディングシューズ買おうと思ってます。

 

なんかAmazon異様に高騰してるんだけどどうなってんの??

 

突然の雨にも安心!携帯レインスーツ

必須というほどでは無いが出来れば持っていたい。

バイクを乗ってて一番困るのが雨。走ってる最中に振り出されると滅茶苦茶ブルーになります。

急な雨がきても携帯レインスーツを持っていれば安心!しかも防寒着にもなると言うこと無しです。梅雨明けてから梅雨になってるみたいな今年は特に必要ですね。

 

ただ問題が一つ。

バイク用のレインスーツって高いんですよね。大体安くても1万前後くらいですかね。

出せなくは無いけどもう少し安いものないのかな?そんなライダーの強い味方が作業服なんかを売っているワークマンです。

 

防寒着のイージスなんかがライダーには有名みたいですが、外で働く人用の製品も多く取り扱ってるワークマンでは当然雨具も扱っています。

 

今回たまたまセール品を購入したのでわずか2000円という破格で耐水圧:10,000mm 透湿度:3,000g/㎡ 24hというパネェ性能。滅茶苦茶お得ですよこれ。

 

 
f:id:Robi100:20170827222850j:image

流石にこれはセール品なので例外としても、もっと耐水性の高いものが5000円くらいで買えるのでぜひ見に行ってみてください。

 

 

何よりも必須なプロテクター。バイクに乗る時は絶対につけよう!

そして一番必要と感じたのがこれ。

上半身、肘、膝のプロテクター3点セット。胸と膝は安心と信頼のKOMINE、肘はなぜかラフアンドロードである。


f:id:Robi100:20170827222905j:image

 

これだけ暑い季節だから町中をバイク乗りが短パン半袖で走っている姿を見かけたことがあると思う。当然だがあんな格好でバイクに乗っていればちょっところんだだけで紅葉おろし一直線である。

 

流石にアレは例外とはいえ、長袖長ズボンをはいているだけだったり、プロテクターを付けていても肘と膝しか付けていない人も多いと思う。

 

しかし、教習所の壁にベタベタ貼ってあったとおり、死亡事故で損傷率が高いのは当然頭がトップだが、胸と背中がそれに続いているのだ。

頭の損傷はヘルメットの脱落によるものが多いため、もしもの時の死亡を防ぐためにはヘルメットをしっかりと締め、胸と背中をプロテクターで守る必要があるのだ。

 

 

 

いくら注意しても事故は避けられない、プロテクターと保険は忘れずに!

私がもし、大学生のころにバイクに乗っていたとしたら恐らくプロテクターなんか必要無いと考え、購入することは無かったでしょう。

しかし、30も超え実際に車で事故を起こしたこともあります。自分が注意することで避けられる事故は多いですが、自分がいくら注意したとしても、もらい事故や追突事故は避けられるものでは無いのです。面倒だから、ダサいから、お金がもったいないから、暑いからでは済まされないのです。自分の命を守るのは自分しかいません。プロテクターを付けていて事故らなかった場合は笑い話で済みますがプロテクターを付けずに事故って死んだら・・・・・・・・・・・恐ろしい。

 

もちろん暑いしちょっとそこまでのでかけるのにわざわざプロテクターをつけるのなんて面倒という気持ちもわかる。私もコンビニ行く程度の距離でフルプロテクターは つけるのがめんどくさいと思う。でもせめて肘くらいだけなら?胸くらいだけなら?

自分はどんな格好でのるときでも肘プロテクターだけはつけるようにしています。

プロテクター内蔵ジャケット着れば早い話なんですけどね・・・サイズがさぁ・・・・・ 

 

 

もしもの時のため自分の身を守るプロテクターと、自分と相手の生活を守る任意保険は欠かせません。

 

まだ任意保険に入っていないのなら、一括見積もりサイトを利用すると、よりオトクな保険が探せますし価格の比較も簡単です。最悪対人対物の無制限と弁護士特約に入っていれば自分の怪我意外はなんとかなるんじゃないですかね? 

 

  

 250ccバイクより原付の方が危ないよね?

 大学時代毎日原付で通学していたんだけど、250ccバイクにのってみてわかったことがある。

バイクより原付の方が危なくない??

タイヤは小さいし、ニーグリップもできないから安定しない車体。

制限速度や謎の右折方法等交通の流れに合わない法規

制限速度ガン無視率の高さ(バイクで走ってて普通に原付に抜かれることあるんだけどなにあれ?)

危機意識の低さから来る防御力の低さ。

ざっと上げるだけでもこれだけ考えられる。

特に防御力の低さは致命的だと思う。プロテクターどころか、ヘルメットすら帽子のような半ヘルメットの多いこと多いこと。事故ったら一発でお陀仏ですよ。

原付こそフルフェイスかつプロテクター義務付けるべきだとおもうんだけどなぁ・・・・・

 

 

これから揃えたいと思うもの

他にもまだまだ揃えたいと思うものはありますが予算の都合上ココまでが限界でした。

・ハイドレーション

・タンクバック、パニアケース

・振動対策のウエイト

このあたりは最低揃えたいと思っています。とはいえこの後は冬用装備も揃えなきゃいけないしお金まわるかなぁ・・・・・

 

 

まとめ

今回は30代で初めてバイクに乗り始めた私が最初に揃えた用品をまとめてみました。

必要最小限だとは思いますが、ざっと10万近く掛かってるかもしれません。(メットが高いんですよね。まぁ車体に含めてローンです)

個人差はありますがどれも必須の用品だと思うので、これからバイクを始める人の参考に慣れば幸いです。