スポンサーリンク

シビルウォー/キャプテンアメリカ感想。第3フェーズ開始作品として最高のスタート。ブラックパンサーがクソスーツに似てるのにカッコイイのは何故だろうか。

どうも虎寅です。

公開初日にIMAXシアターで見てきたので、いまさらながら感想を。

 

 

以前の記事でシビルウォー視聴前に見るべき最低限の3作品を紹介しました。 

www.kuzukagonotora.com

 視聴後思ったのはやはりこの3作品は必見で間違いありませんでした。正直に言って見てないと色々良くわからないと思います。

視聴後思ったのは、必見作品にキャプテンアメリカ1とアイアンマン2(できれば3も)も追加する必要があるのではないか。コレを見ているとラストで、より盛り上がれること請け合いなんですよね。アントマンも見ておきたいところですし。進め方に悩みどころ。

 

ぶっちゃけシビルウォー見に行ってハマったらインフィニティーウォー始まるまでに全部見ないとならないんだし、今のうちに全作品見ちゃえば良いんじゃないでしょうか(ハルクはいいんじゃね?)

 

全作品見て面白く無いと思えばシビルウォーも多分合わないですしね。

 

以下感想に付ネタバレあり。

 

 

アメコミ映画史上最高のアクション

とにかく、面白かった。濃密なまでのアクションシーンに脳汁が出まくる。

今作品では、アイアンマングループ以外は派手な武器や必殺技がないのに、何故あんなにかっこいいのか。キャプテンアメリカ盾使いとしては最高のアクションなんじゃないですかね?

これだけのヒーローの戦闘をまとめ上げた手腕はすばらしいと思いながらも、ここに更に色々追加されるインフィニティー・ウォーとかどうなっちゃうのかと今から期待が止まりませんわ。

 

なぜ日本のライダーや戦隊ではコレができないのか・・・・・・

 

 

アベンジャーズとしては満点。キャプテンアメリカとしては60点。

なぜコレをアベンジャーズ4ではなくキャプテンアメリカ3として出したのかはチョット疑問が残る。基本的にはキャップとバッキーが中心なのだがアイアンマン再度も濃密なのでアイアンマン4としても問題なかったのでは無いだろうか?単独作品としては影が薄くなりガチである。いっその事シビルウォーのみのタイトルでもよかったのではないか?

マーベルシネマティックユニバース第3フェーズの導入としては完ぺきとも思えるできである。

 

また、スパイダーマンとブラックパンサーのお披露目としては完ぺきに近い。早く単独作品見たいんですがまだまだ先なので凹む。

事前情報ではスパイディのスーツだとか設定が残念臭がしていたのだが実際に見てみると大違いである。実今作では能力の説明はほぼ無いのでホームカミングの公開が楽しみで仕方ない。ちなみにベンおじさんはもう死んでるっぽい。

 

ブラックパンサーは予想異常にガッツリと絡んできていたし、最後全部持って行った感がある。おっさんの猫耳スーツなんぞコレとコンセプト近いのに何故こんなにかっこいいのか。(もちろんクソスーツもあれはあれでいいものだ)

http://i.gzn.jp/img/2012/10/25/tiger-and-bunny-tamashii-nation-2012/GIG_0411.jpg

 

ブラックパンサーの単独作品でキャプテンアメリカが出演する可能性もうまれたため、早くみたいものである。

ただし、スパイダーマンもブラックパンサーも早くて17年末、下手すりゃ18年の公開である。そりゃ無いよ~。

 

 

トニーが可愛そうすぎる結末だけどもキャップにも事情がある。

視聴後いつもみたいにまた社長が元凶かよ。とはとてもいえないぐらいトニーが可愛そうすぎる。最後の最後でキャップそれは駄目だろ・・・・・・と思ったけども冷静に考えればしゃーないとも思う。

キャップ単純に年齢で見れば100歳近いおじいちゃんだし、もう生きてる当時の知り合いはバッキーしかいないわけだ。そりゃかばう。かばった結果トニーをコレでもかって傷つけるわけだけどしょうがないよなぁ。

最後はネタバレがすぎるので言わないけど、今回の終わり方は邦画じゃまずありえない終わり方だと思う。だからこそいい。今後の作品で頭の冷えたトニーとキャップ&バッキーがどう和解して行くのか見ものである。

 

あ、あとホークアイ今回本当に駄目すぎじゃね?弁解の余地が無いぐらいクズになってるんだけど。

 

 

まとめ

以上、ざっとした感想である。

とにかく今回の作品は今後のMCU作品において非常に重要な位置を占めるので、見ないという選択肢は無いのである。今後の展開をかじってる人なんかにはヴィジョンの石の話がインフィニティー・ウォーでどう繋がるのかと今後の作品への期待度がバク上げまちがいなしである。

ちなみに次作のベネディクト・カンバーバッチ主演で話題を読んでいる「ドクター・ストレンジ」今年12月公開予定だ。単独作品の初回なのでほぼ絡みは無いと思うが、GOGの用に今後重要な部分も出てくると思うので今からたのしみですね。

それじゃ、またね~。 

 

 

あ!くれぐれもエンドクレジット中に席を立たないように。エンドクレジット後のシーンを見ないとストーリー閉まらないからね!今回は2回あるぞ!