スポンサーリンク

現場作業は過酷、もう二度とやりたくない。尊敬に値する。

いやー、疲れた。

今週一週間現場応援とかで、山奥の工場では無いけれど、工場のライン作業を行ってきました。

なれない立ち仕事で背中は痛めるは、首は痛いは、手足もボロボロになりました。手首痛い。精神的にもやられる。延々と同じ作業を繰り返すのがきつい。

 

正直に言ってひどい話だと思う

正直言ってもう二度とやりたくない。1週間じゃなく、2週間や1ヶ月なら退職も辞さないレベル。

数年前の入社時の現場研修でも思ったのだけれど、ものづくりにかぎらず、ライン作業をやられてる方って凄いと思う。

 

延々と同じ作業をし続ける鋼の精神力に、立ち仕事に耐える強靭な肉体。本当に尊敬する。

 

しかし、給料は安い。技術者や事務職よりも安い場合がほとんどだろう、自分よりも安い、正直いってひどい話だと思う。開発業務や技術業務よりよっぽど過酷かつ重要な職だと思う。

 

少なくとも、パトロールを日課にしてるおっさんや、怒鳴り散らしているおっさんふんぞり返っているおっさんより100倍役に立っているし、社会にも貢献している。でもそんなおっさん達の給料の半分にも言っていないかも知れないのだ。理不尽である。

 

形の無いものの方が儲かるのか?

時代はもはや、コツコツと頑張る人には優しくない。より要領よくやる人間だけが儲かるのだ。しかも、近年では形の無いもの、実態の無いもので稼ぐことができる。むしろ個人が稼ぐのはそちらのほうが大きく稼げる可能性すら有る。

 

アフィリエイトやブログなんかはその際たるものだろう。

実態の無いもので大きく稼いだものが、コツコツ働いている人たちを煽って更に稼ぐのだから、たちが悪い。

 

最近だとダークサイドに落ちたと言われてるリコピンメガネな人なんぞ顕著だろう。稼いだ金で地方に引っ込み、悠々自適な生活を送りながら真っ当な人たちを煽って儲けてるのだからやるせない。

 

 昔書いていた本なんて、未だに人から進められるくらいなのにどうしてこうなったのだろうか?この世は各も理不尽である。

 

 

今度自分も読んでみたいと思う。

 

それでもトマトが良い

人を煽って暮らすのはいやだけども、どちらを選ぶ?と言われれば自分はリコピントマトを目指す。そちらの方が絶対に楽しいと思うからだ。

トマトは良いぞ、トマトは。酸味と甘みが同居して香りも最高だ。

コレは今年の夏はトマトの栽培を始めるしか無い。ブログで稼いでトマトを植える。ブログトマトだ。よく冷やして塩をふって食べるのだ。

 

というわけで、トマトを食べたいので、ブックマークコメントをくださいお願いします。新着エントリー乗ってみたいの。

 

それでは、またねー。