スポンサーリンク

「仮面ライダー1号」は藤岡弘、の魅力がたっぷりと詰まった映画だった。【映画感想】

どうも虎寅です。

 

昨日公開の仮面ライダー1号を見てきました。

いやぁーもうね、新デザインの1号ライダーがカッコイイことカッコイイこと。

 

そして、主演、藤岡弘、(、を忘れちゃいけません。)

45年前演じた本郷猛を再度演じるということで話題でした。いっちゃなんですがもう藤岡氏はもう70歳。ヘタしなくても恐らく最後の出演の可能性が高いです。少なくとも生身の戦闘シーンなんざもう拝めないでしょう。

 

 

結論からいえば、一般人が見に行っても特に面白くない映画だと思います。

私は最後のコメントだけで見に行ったかいがありました。あれだけで満足。

 

 

藤岡弘、の魅力満載

映画全編を通して藤岡弘、が全面に押し出された映画となっていました。

うん、全面にね。

 

おい、本郷猛なのか藤岡弘、なのかはっきりしてくれ。

なんか仮面ライダーと藤岡弘、の生命(いのち)とは何か?って番組を交互に見てるのかと錯覚したわ。

藤岡弘、のファンはもう思う存分楽しめる映画だけど、藤岡弘、ファンじゃなければどうでもいいかもしれないね。

 

超かっこいい、新デザイン1号

もうね、この映画はこれに尽きる。

マッシブになった新1号クソかっこいい。変身シーンもしびれる。

炎とのコラボなんか鳥肌モノ。仮面ライダーファンは見に行かない理由なんかないよ。

初めは新デザインが前と違い過ぎてどうかと思ったけど、これはこれで多いにあり!

月日と共に研ぎ澄まされ、重厚になった1号の存在感をよく表していると思う。1撃が重いんだよね。ゴリマッチョな1号だからゴリ1号と呼んではどうだろう。

 

しかし、劇中でもう少しなんで姿が変わっているのか説明欲しかったなぁ。フォームチェンジと言うより進化したらしいのだけど、何で調べてもボケた答えしか帰ってこないし。

 

そしてネオサイクロン号。これがまた新デザインのゴツさとあいまって妙にしっくりくる。元々本郷猛はレーサーだからサイクロン号もレース仕様だからちょっとどうかと思ってたんだけどね。このゴリ1号が乗るなら断然こっちがいいわ。

 

 

脚本と監督どうにかしろ

急激に起こる場面転換。ピンチになっていたと思うと唐突に切り替わるし、どうなってんの?撤退場面て見せ場の一つじゃないの?もうよくわかんねーよ。

映画ライダーは基本的にストーリー期待してないけども、演出面で問題がありすぎるよ今作。あと、女怪人なんで変身しないの?

 

 

他の見どころとまとめ

・地獄大使クソカッコイイ

・ゴーストのレジェンド魂の使い方とBGMが良かった

・変身できる藤岡弘、まじかっけぇ

・最後のコメントが最高。これだけにお金出せる。

 

というわけで、藤岡弘、のファンは絶対に見るべき映画。濃厚な藤岡弘、が堪能できます。

仮面ライダーファンも、見るべきでしょう。サービスデーとかに行っとけばいいんじゃないですかね?あ、入場者特典の仮面ライダーカードは価値ありよ。

 

どっちでもない人?お付き合い以外で見に行く価値は皆無じゃないですかね?

 

 

 

あと、諸悪の根源は立花まゆ。演者が悪いのか脚本が悪いのかはわからんけど、このキャラのせいで魅力半減だよ!

 

 

 

それではまたね~。